石川遼の英会話上達法はスピードラーニングだった!

このまえついにマスターズ出場を決めた石川遼くんの英会話上達法はスピードラーニングだったそうですね!!

下記、内外タイムスより抜粋↓
~~~ ここから ~~~
遼クン、プロ“初勝利”で英会話レッスン加速。ツアー競技外とはいえ、関西オープンを勝った石川遼(16)が目標にするのは、本場の米ツアーでのプレー。そのときに備えて、高校進学時から通学時間には英会話のテープを聴いているほど。米ツアーで活躍、インタビューを受ける時には、流暢なネイティブスピーカー並みの英語が聞ける?

9月中旬のANAオープンから12月初めの最終戦、日本シリーズまで毎週、試合がある。遼クンの体力を考慮すれば、少なくとも1、2試合は欠場する可能性は高い。
 「それがどこなのか、開催者は今から戦々恐々のはずです」(前出・日本ツアー関係者)
 そんな大人の悩みとは無縁なのが遼クン。ゴルフとともに、今もっとも熱が入っているのが英会話レッスン。
 「家と学校を往復するだけで3時間ぐらいかかります。そのほとんどの時間、スピードラーニングを聞いています。英語の耳を鍛える感じ。自分としては、かなり役立っています」
 と遼クン。このスピードランニングは辞書や教科書を使わない、耳で覚える英語学習法。父・勝美氏の勧めもあって、高校入学時から利用している。その話を、スピードラーニングを販売するエスプリランが知ったのは今年の3月。同社の大谷登社長が、父・勝美氏との思わぬ縁を披露する。
 「勝美氏が勤務している信用金庫がうちの会社と取引関係にあることを知り、つてを頼って会わせていただいた。そこで、石川選手が受講者の理想的なモデルと分かりました」
 話はとんとん拍子に進んで広告契約を結び、新聞や雑誌の広告で遼クンの姿を見ることになったわけだ。
 「河口湖での夏の自主合宿のときには、スタッフのネイティブスピーカーを派遣しています。ゴルフの練習の合間に特訓を行いました」(同社広報)
 「トーナメントで外国人選手に話しかけられても、言っていることがだいぶ理解できるようになりました。それに、簡単なことなら(英語で)説明できますね」(石川選手)
 マスターズで優勝することが夢の遼クン。英語での優勝のスピーチを、1日も早く聞きたいものだ。
~~~ ここまで ~~~

なんであんなに英語が流暢なのかと思ってたら、石川遼くんってスピードラーニングで勉強してたんですね^^

[PR]隆星引越センターの口コミ 評判 見積もり
アイデア引越センターの口コミ 評判 見積もり
リサイクルBOY引越センターの口コミ 評判 見積もり

"石川遼の英会話上達法はスピードラーニングだった!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント